Blog&column
ブログ・コラム

エアコンの配管カバーは絶対に取り付けるべきもの?

query_builder 2022/03/01
コラム
25
エアコンを設置するのなら、配管カバーは取り付けるべきものなのでしょうか。
「メリットが分からないから必要ないのでは」と感じる方も多いでしょう。
そこで取り付けによるメリットを解説していきます。
併せて配管カバーの取り付けはDIYできるかも紹介しますので、ぜひ内容をチェックしてみてください。

▼エアコンの配管カバーを取り付けするメリット
配管カバーを取り付けするメリットには以下のようなものがあります。

・配管周りが綺麗にまとまり見栄えが良い
・配管の劣化を防げる
・カバーがない状態より掃除がしやすくなる

見栄えが良く劣化を防げて、そのままより手入れもしやすいことから取り付けはおすすめです。

■DIYでの取り付けが可能なの?
DIYでの取り付けも不可能ではありませんが、ドリルやドライバーなどの道具が必要です。
もし「綺麗に仕上げたい」と考えているのなら、DIYでなく空調工事業者への依頼を考えましょう。
エアコンを設置する時に配管カバーの取り付けを依頼するとスムーズです。

▼まとめ
取り付けによって配管周囲がすっきりするうえに配管の劣化を防げるのが配管カバーです。
絶対に必要というわけではありませんが、メリットが多いことから取り付けをおすすめします。
DIYも可能ではあるものの道具が必要であり手間も掛かってしまうため、プロへの依頼がおすすめです。
配管カバーの取り付けを考えているのならDIYするよりも、専門業者への依頼を検討してみましょう。

NEW

  • エアコン入れ替え工事

    query_builder 2021/11/24
  • 業務用エアコンの廃棄について簡単に紹介

    query_builder 2022/08/15
  • エアコンの室外機の構造について

    query_builder 2022/08/01
  • 業務用エアコンの点検義務について紹介

    query_builder 2022/07/15
  • 業務用エアコンのフィルターの外し方を簡単に紹介

    query_builder 2022/07/01

CATEGORY

ARCHIVE